新潟のカツ丼は、ひと味違う

一般的に“カツ丼”と言えば卵でとじたカツ丼ですが、新潟には一風変わったカツ丼があります。

新潟市の「タレカツ丼」や、長岡市の「洋風カツ丼」など……。
いったいどんなカツ丼なのか!? まずは「タレカツ丼」から紹介していきましょう。

タレカツ丼の特徴

一般的なカツ丼より肉が薄く、カツ単体を甘辛の醤油ダレにくぐらせてからご飯の上に載せるシンプルなカツ丼です。カツ以外に、野菜などは何も載せないのも特徴でしょうか。

タレカツ丼の発祥

昭和20年代に、今でいう新潟市の西堀地域には、色々な屋台が立ち並んでいました。
屋台の中に新潟県のタレカツ丼屋「とんかつ政ちゃん」のルーツを創った小松道太郎氏が商う屋台があり、そこでタレカツが出されていたのが始まりと言われています。

新潟県のもう一つのカツ丼「洋風カツ丼」

新潟市で一般的なのは「タレカツ丼」ですが、冒頭で触れたように、同じ新潟県でも長岡市の主流は「洋風カツ丼」と呼ばれるカツ丼です。
こちらについても、どんなカツ丼なのか紹介していきましょう。

洋風カツ丼とは

どんぶりにご飯を盛るのではなく、洋食器にご飯を入れトンカツが載せられます。その上に洋風のソースをかけるという、カツ丼というよりはカツライスのような見た目です。

全国のご当地カツ丼あれこれ

実は新潟県以外にもある「ご当地カツ丼」。いくつか気になるものをご紹介します。

・岡山市
ご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上にトンカツを載せてデミグラスソースをかけるカツ丼。お店によってはグリーンピースや生卵を載せることもあるとか。

・沖縄県
主に大衆食堂で提供されており、トンカツをそのまま載せ、卵がとじきらないほどの大量の野菜炒めを一緒に盛り付けるカツ丼。

タレカツを一度食べてみたい

東京都にもタレカツ丼を食べられるお店はありますが、新潟県で本場の味「タレカツ丼」と「洋風カツ丼」の両方を味わってみてはいかがでしょうか?