美しい日本の自然が残る佐渡市の鳥「トキ」

「ニッポニア・ニッポン(Nipponia nippon)」の学名を持つ「トキ」は、佐渡市(新潟県)の鳥です。 日本をはじめ、中国などにも分布し、かつては野山を飛び回るトキの姿を国内各地で見ることができました。しかし明治以降は数を減らし、昭和になると生息地は島根県隠岐、石川県能登地方、そして新潟県佐渡島のみとなってしまいます。1952年、佐渡島のトキは国の特別天然記念物となり、1981年、最後の5羽が捕獲されました。彼らは佐渡トキ保護センターで飼育されていましたが、2003年、日本において野生のトキは絶滅。中国以外の在来種も絶えてしまっています。

装飾品として求められた朱鷺色の翼

トキが姿を消してしまったのには、様々な理由があります。そのひとつは美しい羽が装飾品として狙われたこと、また周辺の開発が進み、餌場としていた自然や水田が減少したこともあげられます。 この傾向は世界的にも見られ、近世のヨーロッパでは毛皮を手に入れるためにビーバーやシカ、キツネ、カワウソなどが乱獲されたり、綺麗な羽を得ようとコウノトリ、極楽鳥などの狩猟も盛んに行われた結果、絶滅した(または極端に数を減らした)動物も少なくありません。そのため、開国当時の日本ではトキの羽が重要な輸出品となり、高値で取引されていたそうです。

蘇りつつある、トキの飛び交う美しい風景

トキは1960年、国際自然保護連合(IUCN)および、国際鳥類保護会議(ICBP)が指定した「国際保護鳥」(※)に選定されています。 現在、佐渡トキ保護センターではトキの人工繁殖に取り組んでおり、1999年、中国から譲り受けたトキ、友友(ヨウヨウ・オス)と洋洋(ヤンヤン・メス)の人工繁殖成功を皮切りに、多くの子孫が誕生。 2008年、2009年には放鳥が実施され、野生での生息数も少しずつ増加しています。 野生のトキを見ることはできませんが、トキが飛翔可能な大型ケージを整備した「トキの森公園」内の「トキ資料展示館」では、より自然に近い環境でトキの生態を観察することが可能です。また展示館にはトキに関する資料も多数展示されています。佐渡島から羽ばたく「朱い翼」を、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

トキの観覧をはじめ、新潟県は様々な形で「自然と向き合う文化」を実感できる機会に満ちています。生物多様性を守る新潟県の取り組みは、専門家はもちろん、一般の方にも触れていただきたい、県を代表する文化の一つといえます。

※ 国際保護鳥:絶滅に瀕しており、その保護のためには国際的な対策を必要とする鳥類のこと。