豪雪地ならではの特産品、雪下にんじんについてご紹介します。

新潟ならでは!独特の栽培方法

雪下にんじんは、豪雪地帯として全国的に知られる新潟県中魚沼郡津南町で生まれた特産野菜です。
雪下にんじんの特徴は、その栽培方法にあります。にんじんは通常秋に収穫しますが、雪下にんじんはあえて秋には収穫せず、3~4mの雪の下でひと冬を過ごさせてから、3月中旬~4月にブルドーザーで掘り起こします。

深い雪の下で長期間熟成したにんじんは、アミノ酸の含有量が増加して甘味を熟成し、同時ににんじん独特のアクや臭みも消えるため、にんじん嫌いな人でも美味しく食べられると大人気なのです。

甘みが生まれる栽培の秘密は?

では、なぜ雪下にんじんは甘くなるのでしょう?
野菜には寒くなると組織中のデンプン質を糖に変える性質があり、そのため雪の下で栽培すると糖分(すなわち甘味)が増すのです。

さらに雪下にんじんの魅力はみずみずしさ。雪下にんじんは7月下旬に種を撒いて、冬までに10~20cmほどに育ちます。しかし雪の下は常に0℃なので水分は渇きません。そのためみずみずしさが逃げず、歯切れのよい食感を保つのです。

加工食品も大人気!

豪雪の下で栽培される雪下にんじんは、3月~4月に収穫される季節限定品です。ハウス栽培と違って、その年の降雪量によって生産量も出荷時期も大きく左右される希少価値の高さが、通販でも人気を高める要因にもなっています。

通販では、にんじんそのものはもちろん、にんじんが苦手な子供でも美味しく飲める「雪下にんじんジュース」やサラダ用ドレッシング、さらに料理用ジュレなど、加工食品としても広く出回っています。あなたも一度この天然の甘さを味わってみませんか?