佐渡に伝わる独自の伝統工芸

鋳金(ちゅうきん)という工芸技術をご存知でしょうか? 鋳型に金属を溶かして流し込み、彫刻や器物を作り上げる工芸手法のことを鋳金と呼びます。 中でも佐渡には蝋型(ろうがた)鋳金という歴史ある技術が伝わっており、1978年には新潟県無形文化財工芸技術にも指定されました。 蝋型鋳金の製作工程は、まず作品の原型を作るため、練り合わせた蝋を竹ヘラや手先で細工をすることから始めます。次にその原型を鉱物用の真土で包んで、高温で焼き上げます。すると蝋が流れ出て空洞になり、鋳型ができます。この鋳型に溶解した金属を流し込み、固まったところで鋳型を外して、仕上げに着色すれば完成です。 熱にすぐ溶ける蝋の特性を存分に生かした蝋型鋳金は、その美しさも含めて比類なき工芸品といえそうです。

二人の功労者の功績

新潟が誇る蝋型鋳金を語るのに忘れてはならない人物が二人存在します。それは本間琢斉(ほんまたくさい)(初代)と佐々木象堂(ささきしょうどう)です。 初代本間琢斉は江戸後期の鋳金家で、佐渡奉行の委嘱(いしょく)によって初めて、蝋型鋳金の技法で大砲を鋳造した開祖的人物です。梵鐘(ぼんしょう)や灯篭、花瓶、文房具等などを制作し、斑紫銅(はんしどう)色という特別な着色技法を編み出しました。その技術は六代目に及ぶ現在まで脈々と継承されています。 佐々木象堂は、1960年に重要無形文化財蝋型鋳金技術保持者(人間国宝)に認定された鋳金家です。明治中期に宮田藍堂(みやたらんどう)の門下となって蝋型鋳金を学び、「鋳銀孔雀香炉(ちゅうぎんくじゃくこう))」「金銅鳳凰(こんどうほうおう)置物」など、数多くの優れた工芸品を残して1961年に亡くなりました。

幸運の鳥「瑞鳥」から幸運ゲット?

佐渡の伝統工芸・蝋型鋳金を世に広めた功労者二人、初代本間琢斉と佐々木象堂の作品は、佐渡歴史伝説館で観賞することができます。 館内には佐々木象堂の晩年の傑作で、幸運を招くとされる「瑞鳥(ずいちょう)」も展示されています。佐渡観光に来られる際は、運を授かりに訪れてみてはいかがですか?