新潟県民にとっての方言

どの地域にも方言はあると思いますが、新潟の方言は、予測もつかない言い回しがあるので、注意が必要です。 しかも県民の日常生活にすっかり馴染んでいて、新潟県民自身が「まさか!これが方言だとは思わなかった!」というような方言もあります。

関東など県外に出て初めて、人に指摘されて気付く人もいるようですよ。間違った意味で伝えてしまうと、明日から無視されるかも…なんて言いすぎかもしれませんが、少々際どい言葉もあるので、注意しましょう。

新潟弁ってどんなの?

では、実際どのような新潟弁があるのか見ていきましょう。

「しんでもいいよ」

これは、決して「死ぬ」ということを表しているのではなく、「○○しなくてもいいよ」という意味で使われます。関西では「せんでもええよ」という言い方をすることがありますね。新潟県の方以外に使うと、びっくりさせてしまうので、注意しましょう。

「先生にかけられる」

これは「先生に授業中に指名される」ことです。 「え?先生に何をかけられるの?」と聞かれて初めて、これは県外では通じない言葉なのだと気づく新潟県民も多いのだとか。

「飴がなく」

夏場の気温が高いときに、「飴が溶ける」ことをこう言います。 なんともかわいらしく素敵な表現ですよね?

「ばか」「ばっか」「ば~か」

これは、強調したい時に使います。例えば「ばかでっけ~」と使うと「すごく大きい」という意味になります。また、「ばっか」や「ば~か」の方が強調度は強くなります。新潟県民でなくとも、「ばかうまい」「ばかうけ」などの表現で用いたことがあるかもしれません。

このように、県民以外でもなんとなく意味が想像できる方言もあれば、「飴がなく」のように全く想像がつかない表現もありますね。

お年寄りの新潟弁はさらに特徴的

ご年配の方が用いる方言になると、さらに聞き取り辛く、意味も分からないことがあります。ここでは、新潟のお年寄りによく見受けられる発音の傾向をまとめました。

  • 「イ」と「エ」の区別がない 。例:駅→「えけ」いちご→「エチゴ」
  • 二重母音を単母音化しやすい 。例:大根→「デーコン」帰る→「ケール」
  • 子音においては合拗音(クヮ、グヮ)がある。例:火事→「クヮジ」

 

新潟県に住んだことのない方はもちろん、新潟育ちでもご年齢の若い方や新潟市中央区など市街地を生活圏としてきた方は、こうした方言に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。ですが、どこか温かみが感じられる表現が多いのも、新潟弁の特徴です。不意に出た新潟弁をきっかけにコミュニケーションが弾み、グッと距離が縮まることもあるかもしれません。転職先でベテラン社員の方と接点を持った時など、会話のきっかけの1つとして、愛すべき新潟弁を活用してみてはいかがでしょうか。