新潟県・冬の味覚「南蛮エビ」の楽しみ方

自然の恵み豊富な新潟県では、野菜や果物、海産物など四季折々の味を楽しむことができます。冬季は名物の「寒ブリ」「サケ」「ヤリイカ」、フルーツでは「ル・レクチエ」など新潟県を代表する旬の素材が目白押し。新鮮なお刺身や熱々の鍋物をはじめ、眼も舌も大満足の料理が出そろいます。 海水温の下がる11月頃からが旬となる「南蛮エビ」も新潟グルメには欠かせない海産物です。聞き慣れない名前ですが、これは「甘エビ」のこと。正式名称は「ホッコクアカエビ」といい、色や形状が南蛮渡来の赤唐辛子に似ていることから新潟県では「南蛮エビ」と呼ばれているそうです。

甘味と独特の食感がやみつきになる

南蛮エビは、北陸以北の日本海が主な漁場で、佐渡市・新潟市・糸魚川市など新潟県内各地で水揚げされます。味は甘みがとても強く、プリっとしながらも他のエビとは違う「旨味が舌に絡み付くような独特の食感」が特徴です。 南蛮エビの美味しさを最大限に楽しむには、何といっても生食が一番。刺身やお寿司でいただくと、トロッとした舌触りの後に広がる甘味がたまりません。翡翠を思わせる緑の卵は珍味として知られ、そのまま食べても美味しいですが、酒や醤油で漬け込むとまた違った風味が堪能できます。

新潟名物「南蛮エビの踊り食い」

新鮮な魚介の宝庫・新潟県ならではのメニューが「南蛮エビの踊り食い」です。踊り食いとは、小魚やエビなどを活きたまま食べる料理で、素材の味や香り、食感を余すところなく楽しむことができます。 食べ方はとてもシンプルで、頭を外し、殻を取り除いたら、そのままわさびなどの薬味と醤油でいただきます。ただ、生きが良ければ好いほどエビが跳ねるため、慣れていない人だと、口にいれるまでに時間がかかるかもしれません。その場合は頭を取って出してもらえるようなので、入店の際、確認しておくといいでしょう。 刺身以上に、 ねっとり甘い南蛮エビの濃厚な旨味が押し寄せてくる踊り食いは、冬の新潟県に行くなら絶対におすすめの逸品です。 南蛮エビにはほかにも様々な食べ方がありますので、ぜひお好みの食べ方を見つけてみてください。

  • 唐揚げや塩焼き(旨味の詰まった頭や殻の部分をまるごと味わえる)
  • 味噌汁やお吸い物
  • サラダやアヒージョといった洋風レシピ

寒い季節だからこそ味わえる食材を堪能したい

新潟県には 南蛮エビのほかにも 、ブリやサケ、ヤリイカ、アンコウ、ヤナギガレイ、ミズダコなど、冬を彩る旬の素材が数多くあります。県内の飲食店やホテルでは、単品だけでなく新潟県の冬グルメを凝縮したコースを用意しています。また旬の味覚を楽しむ各種イベント、冬まつりも開催されていますから、限られた季節に輝きを放つ各種メニューを味わってみてはいかがでしょう。