転職を有利に進めるなら、冬にこそ動く

公私共に忙しい年末、11月~12月の時期はライバルが少ないため、転職に有利だといわれています(過去記事『11月~12月からはじめる転職活動。冬の面談で注意しておきたいポイント』参照)。求人自体は多くありませんが、通常転職の狙い目とされる9月の中途採用で人材が得られなかった企業や通年募集を行っている企業など、良い仕事に巡り合うチャンスも高いといえます。 ただ、春~秋の期間に比較すると、冬場の転職活動には「寒さ」をはじめ、「雪などの荒天による交通機関の運休や遅延」「風邪やインフルエンザなどの流行」といったデメリットがあります。 今回は、雪の多い地域である新潟県でさまざまな転職活動を支援してきた「にいがた就職応援団CAREER」から、「冬の転職活動のポイント」をお伝えいたします。

免疫力を高める栄養素で風邪をブロック

冬は免疫力と抵抗力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなり、インフルエンザも流行します。これらを予防するには免疫力のアップが大切です。「必要な栄養素はサプリメントで摂っている」という話も耳にしますが、その免疫力をアップさせるには免疫細胞の約60%が存在しているといわれる「腸」の環境を整える必要があるため、できれば毎日の食事で摂取するように心がけましょう。 多くの種類の食材をバランスよく摂ることが基本ですが、冬場におすすめの食材・栄養素は下記の通りです。

  • 根菜(かぶ・ごぼう・大根・にんじん・レンコン・さといも・長いもなど)
  • 発酵食品(ヨーグルト、漬物、味噌、ぬか漬け、チーズなど)
  • 食物繊維(のり、大豆、ゆでそば、干しシイタケ、切り干し大根、干し柿など)
  • オリゴ糖(ごぼう、玉ねぎ、はちみつなど)
  • ポリフェノール(お茶、コーヒーなど)
  • EPA DHA(さんま、ぶり、さば、いわし、まぐろ(トロ)、かつお(秋)、青魚類)

特に冬の根菜は美味しく免疫力アップが期待できる食材です。シチューやカレーに入れたり、ぶり大根など魚といっしょに摂取することで体調を整えることが可能です。

雪道や凍った路面での転倒に注意

U・Iターン転職などで降雪地域を訪れる場合は、歩道の積雪だけでなく凍結も生じていることもあります。滑りやすくなっている路面を歩く場合、雪道に不慣れな方は転倒に十分注意が必要です。 歩き方は足を真っすぐに上げて真っすぐ下ろすのが基本。靴はかかとのあるものより、靴底の接地面が広い平らな靴がおすすめです(雪道用の靴を用意しておくと、より安全に移動できます)。雪の残った路面を歩く時は靴底に溝の付いたもの、凍った路面では滑りにくい素材を靴底に用いたものを選ぶことがベターです。

冬の転職活動に欠かせない「季節マナー」もチェック

一般的な転職活動の場合、基本の服装は男女ともスーツになります。夏場の蒸し暑い時期は上着を脱ぐこともありますが、通常時は移動や試験、面接時も上着は着用したままがマナーです。冬場はスーツだけでの移動には辛いものがありますので防寒具を着用することになりますが、その場合、冬ならではのビジネスマナーがあるので注意しておきましょう。 ベストやセーター、カーディガンを着ることはおすすめできません。企業によってはラフな感じに見られることから、これらを着用することは控えた方がよいです。着用するのであれば三つ揃いのベストがおすすめです。女性の場合は特にスカートだとどうしても足元が冷えます。寒さが気になるのであればパンツスーツにするのがおすすめです。

コートの扱いはビジネスマナーのポイント

冬場の移動はコートを着ることも多いと思われます。とはいえ、防寒に優れているからという理由でダウンジャケットやジャンパーなどはなるべく避けた方がよいです。トレンチコートやステンカラーコート、チェスターコートといったスーツに合うものを選ぶとよいでしょう。色は落ち着きのある黒やベージュ、紺、グレーといったものが無難です。 転職希望先に着いたら、コートを脱いで入館します。コートは二つ折りにして手にかけ、試験会場・面接室に入った際は二つ折りのまま背もたれに掛けておく、または立てた鞄の上に畳んで置きます。この時マフラーを着用していたら、コートといっしょに椅子に掛けます。床に落ちることもありますので、大きめのビジネスバッグを用意し鞄の中に入れておくこともおすすめです。 帰る際も入館時同様、コートは必ず面接企業のオフィスを出るとき(複合ビルならエントランスロビーに着いてから)着用しましょう。コートの扱いはビジネスマナーであり、企業が見ている隠れたポイントです。

傘の扱いも覚えておくと、面接以外にも便利

雪の多い地域での面接では、「傘の扱い」にも注意が必要です。雪(雨)の日は折りたたみ傘を使い、先方に着いたら防水加工の傘袋やビニール袋に入れ鞄にしまっておきましょう。こうすれば傘置き場に困ったりうっかり忘れて帰る心配もありません。鞄の中で水が漏れ、書類を濡らさないように密封しておきましょう。付属の傘袋だけでなく傘専用のケースを用意しておくのもおすすめです。

これで「冬の転職活動」の準備は万全!

今回は、新潟県へのU・Iターンを応援する「新潟就職応援団CAREER」から「冬の転職活動」のポイントを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。 新潟県での転職活動に限らず、冬の転職活動はハードな活動となります。その試練を乗り越えた先にある「実り」を手にできるかどうかは、あなたの心がけと準備にかかっています。