新潟県名産「おけさ柿(八珍柿)」が甘く美味しくなるまでの秘密

「おけさ柿(八珍柿)」は、新潟県の晩秋を代表するおいしい風物詩。新潟県のブランド柿としても有名で、観光のお土産や贈答品として多くの方が買い求めます。 甘く滑らかな口当たりで親しまれるおけさ柿ですが、主に使われている品種の平核無柿(ひらたねなしがき)と刀根早生柿(とねわせがき)は「渋柿」。そのままでは食べられない渋柿が芳醇で味わい深くなるのは、「さわして」いるから。

ん?さわす…?

そう思った方もいますよね。おけさ柿は「さわし(醂し)」と呼ばれる「渋抜き」を施すことで甘く美味しくなるのです。柿の渋抜きには、一般的に焼酎を使います。他にはホワイトリカーや渋抜き専用酒なども用いられますが、その度数は35度以上が一般的。 柿のヘタの部分を焼酎につけ、ヘタとヘタ、実と実を合わせるようにビニールを敷いたダンボール箱などに詰めていきます。密封して置いておくと、早生の柿は5日程度、それ以外は10日~2週間くらいで渋が抜けます。陽の当たるところ・暖かいところに置くと渋が抜けやすくなりますが、傷むのも早くなるため注意が必要なのだそうです。

新潟県の七不思議に連なる「種無しの柿」

ところで「おけさ柿」の名は登録商標。出荷ルートによっては「八珍柿」と呼ばれる場合もあります。ここでその「八珍柿」の由来について触れましょう。新潟県における柿栽培の歴史は古く、江戸時代初期の1603年、現在の佐渡市羽茂地区で始まったといいます。「種が無い柿」ということから、「越後七不思議 (※)」の次に珍しいという意味で、「八珍柿」の名がついたそうです。

※越後七不思議: 梅護寺の八ツ房梅、数珠掛桜、孝順寺の三度栗、逆さ竹、焼鮒、繋ぎ榧、片葉の芦。親鸞聖人にまつわるものが多い。

甘くて栄養価も高いから、ひと工夫でさらに美味しい

米が実り、果実が実をつけて色づく秋は、まさに収穫の季節。栄養価の高い食材がたくさん出回りますが、柿も昔から「柿が赤くなると医者が青くなる(柿を食べれば医者はいらないの意味)」といわれるほど栄養豊富な果物。ビタミンC・A・K・B1・B2がたっぷり含まれ、カリウム、ポリフェノールも有しています。そのため、疲労回復やかぜの予防はもちろん、老化防止、ガン・高血圧予防、免疫力のアップ、二日酔いの回復などの効果が期待でき、健康食品としても優れていると考えられています。

いくら身体に良くても、カロリーや糖質が気になる今日このごろ…

そんなあなた、安心してください。柿のカロリーは100gあたり約60kcal、糖質は100gあたり約14g。この数字は全食品の平均を下回ります。1日1個程度なら、摂取しすぎということはありません。

おけさ柿(八珍柿)は、そのまま食べても美味しいですが、食材として、サラダや和え物をはじめ、酒類(おけさ柿で作ったワインやリキュール、日本酒、焼酎など)、ジャム、ケーキに用いることもできます。柔らかくなったものは、そのまま凍らせてシャーベットに。中身をくり抜いてミキサーにかけ、牛乳と併せて冷やす「柿プリン」を作る方もいて、子どものおやつにも最適だそうですよ。新潟県では、お土産用として「おけさ柿(八珍柿)のワイン漬け」「おけさ柿(八珍柿)入りカレー」といった商品が販売されている他、チェーン展開する人気ラーメン店では、おけさ柿(八珍柿)を練り込んだつるつるシコシコの麺がお客さんの心を掴んでいます。新潟駅近くの店舗でも食べられるので、チェックしてみてくださいね。

新潟県の暮らしで、旬の果物をもっと身近に

新潟県にはブランド米やきのこといった作物だけでなく、高級洋梨の「ル・レクチェ」、リンゴ、イチジク、みかん、日本梨、越後姫(いちご)、桜桃、西瓜、メロン、ぶどう、ももといった多くの名産フルーツがあります。中でも今回は、美味しくて健康増進が期待できるおけさ柿(八珍柿)を紹介しました!

1年を通じ、新鮮かつ種類豊富な青果がいただける新潟県。新潟県にU・Iターン転職した方に尋ねると「子どもの食生活の質を向上させたかったから」など、健康的な食卓のある暮らしを求めて決断した方が多いのを感じます。皆さんも、新潟県をU・Iターン先として検討してみてはいかがでしょうか。