新潟県民は熱いサポーターであったはずが…

以前のコラムで、新潟県民のアルビレックス新潟への情熱について書きました。そこから考えると、新潟県民はさぞかしスポーツへの関心が高い(=スポーツ観戦のための支出が多い)ように感じられると思いますが、実は新潟県民のスポーツ観戦への支出は年々下がってきているのです。

全国のスポーツ観戦支出ランキング

ここで、スポーツ観戦への支出の全国ランキングをご紹介していきましょう。

支出が大きくなるのは5月

全国的に見て、気候的に暖かくなる5月にスポーツ観戦にかかる支出が大きくなっており、平成15年〜17年の全国の平均に関しては、一世帯で月2,250円程度となっていました。

スポーツへの支出ランキング!

調査年 1位 2位 3位
平成15年 さいたま市 新潟市 佐賀市
平成16年 新潟市 さいたま市 札幌市
平成17年 仙台市 大分市 神戸市
平成27年 広島市 京都市 神戸市

やはりプロスポーツチームがある市のスポーツ観戦への支出が多いようですね。 ところが、平成16年には1位であったスポーツ観戦に情熱を注いでいた新潟県民が、平成27年にはなんと18位という結果になっているんです。

新潟のプロスポーツチームのご紹介

この統計データ、残念に感じられる方も多いと思います。 スポーツ王国・新潟の復権のため、プロスポーツチームの紹介をさせていただきます。

・アルビレックス新潟

「アルビレックス」には「飛翔する白鳥の王」という意味があり、この名前は県民の投票で決まりました。 活動当初は違う名前で活動をしていました。1996年にプロサッカークラブ「アルビレオ新潟FC」という名で活動を開始し、翌年に「アルビレックス新潟」となります。

その後2003年にJ2リーグで優勝を果たし、初のJ1への昇格の道をたどり、今に至ります。 観客動員数を見てみると、他チームと比べてとても多く人気のクラブです。

・新潟アルビレックスBB(新潟アルビレックスバスケットボール)

日本初のプロバスケットボールチームとして発足したのが新潟アルビレックスBBです。 2000年に誕生しまして、翌シーズン(2000-2001)と翌々シーズン(2001-2002)には日本リーグで2連覇という快挙をあげました。

他にも、「アルビレックス新潟レディース」「新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ」「新潟アルビレックスランニングクラブ」などがあり、これらのプロスポーツ団体は、新潟県民にパワーと感動を与えてくれています!

参考:
http://www.stat.go.jp/data/kakei/tsushin/pdf/18_10.pdf