新潟県民の思い出の味。「みかづき」と「フレンド」それぞれのイタリアン

新潟県出身・在住の方に「おすすめの新潟県名物は?」と聞くと、「イタリアン」という声が多く返ってきます。ピザやパスタ、お洒落なイタリア料理を想像するかもしれませんが、新潟県の「イタリアン」はここでしか食べられない唯一無二の味なのです。 どのようなメニューかというと、一見するとトマトソースやミートソースがかかったスパゲティです。ところが麺を持ち上げると、パスタではなく、ソース焼きそばであることに気が付きます。最初は面食らう方もいますが、ソースと焼きそばが不思議とマッチした、クセになる味は、新潟のソウルフードであるとともに、国内で有名なB級グルメとしても人気を博しています。 「イタリアン」が生まれたのは、1960年のこと。当時、東京・浅草で流行っていた「ソース焼きそば」にトマトソースをかけ、フォークで食べる「スパゲティ風焼きそば」にヒントを得て、甘味処「みかづき」の三日月晴三会長が考案したのが始まりです。「イタリアン」の名は、喫茶店の「ナポリタンスパゲティ」に対して付けられたそうです。 「お嬢さん ちょっと変わった焼きそばを始めました」のキャッチフレーズでデビューした「イタリアン」は、1960年代前半には地元で普及し始めます。また三日月会長と友人だったということで、木村政雄氏も自分の店「フレンド(元は「長岡饅頭本舗」)」で「イタリアン」の販売を開始しました。(現在では、みかづきは新潟市内、フレンドは長岡市内中心に店舗を展開しています。)

新潟県民の思い出の味。「みかづき」と「フレンド」それぞれのイタリアン

「みかづき」でも「フレンド」でもメニューの名は同じですが、それぞれの味や内容は異なります。「みかづき」のイタリアンは、キャベツとモヤシを炒めた中に自家製太麺を投入。特製のウスターソースで味付けをし、トマトとタマネギを数時間かけて煮込んだソースをかけ、白ショウガをトッピングしたものです。もちもち食感の太麺にからむ甘さ絶妙のソースとモヤシのシャキシャキした歯応えが、口の中で美味しさのハーモニーを奏でます。なお、定番の「イタリアン」のほかに、「カレーイタリアン」「ホワイトイタリアン」「トマトツナイタリアン」ほかメニューのバラエティも豊富です。 「フレンド」のイタリアンは中太麺を使い、具材はモヤシ、キャベツ、コーンといった野菜類です。これらを炒めるのはみかづきと同じですが、味の決め手にはとんかつソースを使用します。ソースを麺に馴染ませたら、お皿に盛って秘伝の自家製ミートソースをたっぷりかけます。フレンドではお箸を使っていただきますが、こちらも麺にソースがほどよく絡んで独特の味が口いっぱいに広がります。 なお、フレンドではイタリアンと一緒に餃子が定番です。添加物不使用、約30品目の食材が詰まった餃子は健康に良く、子どもから大人まで幅広く人気があるそうです。

安くて美味しい。魅力いっぱいの「イタリアン」

みかづき、フレンド共に、手頃な価格でボリュームたっぷりのイタリアンは、地元はもちろん、近年は観光客の間にもファンが増えているといいます。 新潟県に足を運ぶなら、マグロや南蛮エビといった特産物だけでなく、庶民のグルメ「イタリアン」もぜひ味わってみてください。