長岡野菜とは

新潟県長岡市に代々伝わる美味しい野菜「長岡野菜」の存在を、あなたはご存知でしょうか。 新潟県のほぼ中央に位置する長岡市は、年間を通して湿度が高く、信濃川により培われた肥沃な土壌を持つ市です。夏は日照時間が長く、冬は大雪の降る土地でもあります。 これらの気候風土から、長岡市で作られる野菜は味わい深く、独特な食感・風味を持ちます。そのため、長岡市で作られる野菜は古くから「長岡野菜」と呼ばれ、地元の人々に愛され続けています。

協会に認められた「長岡野菜」16品目

「長岡野菜ブランド協会」に認められた長岡野菜は全部で16品目。 夏に収穫する夏シリーズ7品目と、冬に収穫する冬シリーズ9品目で構成されています。

夏シリーズ(7品目)

  • 長岡巾着なす
  • 梨なす
  • 糸うり
  • ゆうごう
  • かぐらなんばん
  • ずいき
  • 八石なす

冬シリーズ(9品目)

  • 肴豆
  • 里芋(土垂芋)
  • 食用菊おもいのほか
  • 体菜(たいな)
  • 長岡菜
  • だるまれんこん
  • 白雪こかぶ
  • 一寸法師
  • 雪大根

長岡市で作られた野菜であれば何でもいいというわけではなく、認定された野菜のみが「長岡野菜」を名乗ることが許されます。中には市場に出回っていないようなレアな野菜もありますが、地元でしか食べられない野菜はまさに「長岡の味」であり、地元の人はそれを贅沢に味わいます。

長岡野菜を広めるための取り組み

美味しい長岡野菜をもっと多くの人に知ってもらおうと、長岡市や長岡野菜ブランド協会は多くの取り組みを行ってきました。 美味しい食べ方ができるレシピの紹介も、その取り組みの一つです。 長岡市の青果卸売市場にて仲卸業者や小売業者に長岡野菜を提供する長岡中央青果(株)様のホームページには、長岡野菜のうま味を存分に味わえるレシピがいくつも紹介されています。

参考:長岡野菜レシピ

例えば「長岡巾着なす」はしぼった巾着袋のような形をした茄子で、丸い形をしており、縦にしわが入っているのが特徴です。 大型で甘みが強く煮崩れしにくいので、地元では蒸かし茄子や揚げ浸しなどにして、茄子の食感をしっかりと楽しみます。

魅力的で味わい深い長岡野菜に心惹かれた方は、ぜひ一度ご賞味ください。