ネギのPRをきっかけに誕生したご当地アイドル「Negicco」

Negiccoという新潟のアイドルグループをご存知でしょうか。 その名の通りネギがトレードマークの、新潟のご当地アイドルグループです。

今回はこのNegiccoについてご紹介していきましょう。

Negiccoってどんなアイドルグループ?

メンバーはNao☆、Megu、Kaedeの3人で、元は新潟の「やわ肌ねぎ」のPRのために1カ月限定で発足されたユニットでしたが、その後も活動を継続。
荒波にもまれながらも10年以上、多くの関係者やファンと共に成長してきた、という歴史がファンの心をつかんで離さない魅力のようです。

Negiccoの紆余曲折の歴史

Negiccoは活動継続が決まってから、テレビ出演やイベントへの参加、全国販売のCDリリースなど、多くの活動を行ってきました。
しかし、アイドル活動を継続する先に待ち受けていたのが、メンバーの卒業・脱退という壁でした。

その壁をどうにか乗り越え、その後は残りのメンバーで活動することになりますが、そこでまたしても壁が立ちはだかります。
Negicco は2009年にインターネットの「勝ち抜き!アイドル天国!ヌキ天」で見事勝ち抜き、メジャーデビューが決まったのですが、スポンサーのGyaOが経営不振となりメジャーデビューの話が白紙に…。

それでも諦めず音楽活動を続けた結果、アイドルフェスティバル「U.M.U.AWARD」でグランプリを受賞し、音楽関係者の間でも名が知られ、有名になっていきました。

人気ライブの秘密

アイドルの主活動であるライブですが、Negiccoは独特のほんわかした雰囲気で、ファンを癒やしているようです。ライブに行くと、この雰囲気に病みつきになり、いつの間にかNegiccoのファンになってしまうのだとか…。
そんなNegiccoのライブについて見てみましょう。

ライブの特徴

Negiccoのライブでは、ファン同士が肩を組んでラインダンスを踊るお決まりのパフォーマンスがあります。ライブ初参戦の人でも輪の中に入れてくれるようなファンの優しさがあり、ビギナーも気後れすることなくライブを楽しめるようですよ。

ファンが礼儀正しく、子どもからおばあちゃんまで、幅広い年齢層のファンがいることも魅力です。

NGT48は「negicco」にとって強敵か!?

さまざまな困難を乗り越えてきたNegiccoですが、AKB48の姉妹ユニットであるNGT48 が発足し、ご当地アイドルとして「negicco」に「黒船到来か!?」と危機を感じているファンもいるそう。

しかし、ここまで多大な忍耐力で多くのことを乗り越えてきた「negicco」。これからも新潟ならではの「皆を癒やすアイドル」として、マイペースに突き進んで欲しいですね。