前職と転職先比較

E.F(29歳) 勤務地 業種 職種
前職 新潟県外 運輸・輸送 専門職
内定先 新潟市 Webショップ運営 Webマーケティング

入社までの軌跡

エントリー 個別面談 企業面接 内定 入社
2019年10月28日 11月28日 2020年1月9日 2月5日 3月2日

1)転職を考えた理由・きっかけを教えてください。

仕事の都合で離れて暮らす夫と生活を共にするため、地元新潟に戻ろうと思ったことがきっかけです。定期的に転勤が生じる仕事に就いていたのですが、今後の生活のためには私が職場を変えることも1つの手段だと考えるようになりました。仕事に対するモチベーションも下がっていましたし、このタイミングでの転職を決断しました。

2)転職活動の当初の希望条件やエピソードなどを教えてください。

活動を進める中であらためて実感したのですが、以前の職場は給与面で比較的恵まれていたんです。それだけに、転職後の希望年収を高めに見積もってしまっていました。初めての転職で、当初は年収の相場などもわかりませんでしたから。

そんな風に手探りでスタートした転職活動はなかなかうまくいかず、1人で活動を進めるのは心細いものだなと思いました。応募先企業から不採用の通知が来るたびに、想像以上にショックを受けている自分に気がつきました。

3)「にいがた就職応援団CAREER」を選んだ理由、良かった点は?

学生時代の就職活動で「にいがた就職応援団」にお世話になって安心感を覚えていたので、その社会人版である「にいがた就職応援団CAREER」を選びました。

希望の業界を伝えたところ、紹介いただいた案件は給与・待遇など理想の条件を下回るものでした。今考えれば、経験がない中での挑戦なので仕方ないことなのですが、やはり落胆しましたね。ですが担当コンサルタントの方から、「まずはここで業界経験を積むというのも、選択肢の1つとしてどうですか?」と先を見据えたアドバイスをいただいて。考え方が変わりました。業界への理解や、転職希望者のキャリアに対する思慮があるからこそのアドバイスだと感じましたね。

4)転職活動を行っている方へのメッセージをお願いします。

年齢的に余裕のない中、全く未経験の業界・職種でも何とか内定をいただくことができました。少しでも自信を持って活動することが大切だと思います。そのためにも、地元の転職市場を知るエージェントから正しい情報を入手して希望条件を整理し、適切な企業に応募することが有効なのではないでしょうか。