前職と転職先比較

I.K(26歳) 勤務地 業種 職種
前職 新潟市 コンサルタント 社内SE
内定先 新潟市 IT・ソフトウェア 営業

入社までの軌跡

エントリー 個別面談 企業面接 内定 入社
7月16日 7月20日 8月12日 8月20日 9月1日

1)転職を考えた理由・きっかけを教えてください。

会社の雰囲気や方向性・職務内容が自分に合っていないと感じたためです。残業が多く、自分の時間を確保できないことによるストレスも次第に大きくなり、転職を決意しました。

2)転職活動の当初の希望条件やエピソードなどを教えてください。

まずは情報を集めようと思い、多くの転職サイトやエージェントサービスに登録して面談を受けました。

希望条件は土日休みであること、マイカー通勤ができること、前職の経験を活かせる職種であること。エージェントとの面談を通じて希望条件がさらに明確になり、良かったと思います。面接前にはあらためて志望先企業の業界研究、自己分析、志望動機の整理を行うようにしたことが奏功し、面接の場でもブレずに回答できました。

3)「にいがた就職応援団CAREER」を選んだ理由、良かった点は?

にいがた就職応援団CAREERは地元の就職・転職に強い印象があったからです。地元新潟の特性を理解し、サポートしてくださいました。また、他のサイトで見つけた求人についてもアドバイスをいただけて、大変参考になりました。

大手の転職エージェントにも数多く登録しましたが、条件に合わない求人の紹介もあり、機械的な対応という印象を受けました。新潟市内勤務の求人はあまりなく、担当エージェントの方も都内の方で、相談しにくい点も多々ありました。

4)転職活動を行っている方へのメッセージをお願いします。

可能な限り複数の転職エージェントと面談してみることをおすすめします。人に相談して初めて気づくこともたくさんありますし、コンサルタントの方との相性は人それぞれ違うと思うからです。多くの情報を得た上で、自分はどうしたいのかを常に考えることが大切だと思います。

また、転職活動が長期化すると内定を獲得することが目的になってしまいがちですが、本来の目的は内定を獲得することではなく自分に合った職場を見つけること、自分が納得のいく転職活動にすることだと思います。

賛否はあると思いますが、わたしは転職賛成派です。マイナスに捉えられることもありますし、転職することで失うこともあるかもしれませんが、それと引き換えに得るものも多いと思うからです。複数の会社に勤務してみて気づくこともたくさんありますし、キャリアや年齢を重ねていくうちに価値観が変わるのは当然のことだと思います。とは言え、安易に転職歴を増やすのではなく、なぜ転職したいのか、転職で何を解決したいのか、それは今の会社では叶わないのかを十分に検討してから踏み切ることが大切だと思います。

100%希望通りではなくとも、仕事をするにあたって何を大切にしたいのか、何なら妥協できるのかを十分に考えてみていただきたいです。その上で、やはり今の会社に留まるという選択もアリだと思います。ぜひ、納得のいく転職活動にしてください。