転職成功者の声

都会のストレスがない新潟への転職はお勧め(40代/総務/Iターン)

都会のストレスがない新潟への転職はお勧め(40代/総務/Iターン)

2021.10.13

S.T(47歳)

前職と転職先比較

  前職 転職先
勤務地 首都圏 上越市
業種 フードサービス 土木/建築
職種 人事・経営企画 総務人事

入社までの軌跡

  • エントリー

    2017年
    9月7日

  • 個別面談
    (1回目)

    2017年
    9月8日

  • 個別面談
    (2回目)

    2021年
    4月14日

  • 企業面接

    2021年
    7月1日

  • 内定

    7月8日

  • 入社

    10月1日

1)転職を考えた理由・きっかけを教えてください。

キャリアの見通しに不安を感じたためです。20年以上懸命に働いてキャリアアップして役職も手にしましたが、組織体制を考えると、今後は望ましいキャリアを歩めないだろうと判断しました。また、転職活動を通じて自己分析するうちに、働き甲斐だけではなく生き甲斐も感じられる場所で、地域と会社に貢献したいと思うようになりました。妻の出身地である新潟へのIターンを軸に、転職活動をスタートしました。

2)転職活動の当初の希望条件やエピソードなどを教えてください。

首都圏の企業に応募していた時期もありますが、Iターンを決めてからは地方の相場にあわせ、年収条件を下げました。結果、新潟での書類選考の通過率は都内の倍以上でした。

3)「にいがた就職応援団CAREER」を選んだ理由、良かった点は?

Webで新潟への転職について調べたところ、にいがた就職応援団CAREERを見つけました。面接前のアドバイスやリマインドメールはありがたかったです。

4)転職活動を行っている方へのメッセージをお願いします。

今の時代は物も情報もどこでも手に入るので、都会のストレスがない地方への転職をオススメします。特に新潟の良さは素晴らしいです。
 

~担当コンサルタントより~

首都圏を本社とする大手企業にて、人事関連業務を幅広く経験されてきたS.T様。新潟で10年以上人材業界を経験している私から見ても、ここまで経験豊富な方と出会えるのは大変希少です。ご本人もおっしゃっていますが、書類選考の通過率が高いのも納得でした。ところが面接をお受けになってみると、ご本人のキャラクターやご志向と、企業側のカラー、例えば職場風土や経営層の考え方などに相違があり、双方のお気持ちがうまく噛み合っていきませんでした。なかなか良い結果が出ないことが続く中、ある企業の面接を終えたS.T様に感想をお聞きすると、「社長のお人柄や理念に強く共感しました!」とおっしゃるのです。「年収を下げてでも入社したい」というS.T様の熱い気持ちと、「ぜひ当社にお迎えしたい」という企業側の熱意が一致し、相思相愛の形で採用・入社となりました。
当初の希望年収には届かなかったものの、「共感」というポイントで良いマッチングのお手伝いができました。報酬や待遇などの条件ももちろん大切ですが、仕事観や職業観、今後の人生において仕事や会社・地域とどう向き合っていきたいかといったポイントも転職にあたっては重要なのだということを、コンサルタントとしてあらためて認識させていただきました。